美容外科看護師

美容外科看護師 > 美容外科看護師って何をするの?

美容外科看護師って何をするの?

美容系の診療科には、美容外科と美容皮膚科などがあります。女性なら誰でも美容に興味がありますし、いくつになってもキレイで居たいと思っている人は多いものです。美容外科や美容皮膚科に勤めれば最新の美容法などもわかりますし、何より華やかなイメージがあるので人気が高いそうです。
美容外科看護師の求人先はどんな感じ?

そんな美容系の診療科の特徴は、圧倒的に女性の来院が多く、そして病気を抱えているわけではないということです。 健康的人が来院するため、患者さんというよりお客様として接します。 そして保険適用外の診療が多く、基本的には多額の費用を支払って診療を受けているため、より丁寧な接客が必要とされる診療科でもあります。

看護師だけではなく、美容に関してのカウンセラーを設置している病院も多いため、看護師はカウセリング以外を担当することが多くなります。 カウセリング以外とは、例えば手術室での医師のサポートや、施術や医薬品に関しての説明をすることなどです。

また、ちょっとした雑用も多くなるのが美容外科の特徴です。 基本的には新卒の看護師は採用していないところが多いそうです。 その理由は、手術室を設置しているところが多いため、手術室での経験がある人を優遇しているからだと思われます。

また、美容外科は夜勤がないところが多く、その割に他の診療科よりも給料が高い傾向があるため人気があります。 そして、使用している美容器具(脱毛器や美顔器など)が、格安もしくは無料で利用できるうえに、美容に関しての知識が身に付きます。 そのため美容に強く興味のある看護師にとっては、とても魅力的な職場です。

ただし、看護師としての基本的なスキルを磨くのには向いておらず、接客要素が強いためクレームも受けやすいようです。 場所によってはノルマがあり、個人や全体に限らず、そのノルマがストレスとなってしまうこともあります。 しかし、本当に美容に興味があり、美容業界で活動したいと思っていた人や、人と話すことが好きな人なら挑戦してみても良いと思います。

もしも美容外科へ転職する場合は転職する前に、所属している医師の経歴についてや、ノルマの有無、看護師の業務内容についてなどを必ず確認してから転職しましょう。 働きやすい美容外科を選ぶためにも、事前の情報収集は怠らないようにしてくださいね。


整形外科の看護師のお仕事

整形外科は場所によって看護師のお仕事が異なります。 クリニックか病院かでも違いますし、整形外科には外来や病棟だけでなく、手術室もありますので、それによっても変わってくるのです。 共通点があるとしたら、どこの病院でどこを担当しようと、整形外科に訪れる患者さんは子供から高齢者までと、すべての人が対象ということです。

痛みに泣き叫ぶ子供や、認知症の高齢者も訪れます。 ただし、整形外科というのは、腹痛や頭痛、風邪などといった体の病気を扱うのではなく、怪我の治療を主にしているので、元気のある患者さんがほとんどです。 そのため他の診療科よりかは、職場の雰囲気が明るいところも多いようです。

では、整形外科で勤務するメリットについてご紹介します。 整形外科は内部の疾患を扱っているわけではないので、患者さんの回復が目に見えてわかります。 そのため、喜びややりがいを感じやすい診療科でもあるのです。

内部疾患の診療科ですと「なんとなく良くなったかも?」と目に見えて回復がわからないことが多いですが、整形外科の場合はレントゲンなどですぐに状況が確認できるのでやりがいを感じ易いようです。 また、元気な患者さんが多いことから、明るい雰囲気で仕事ができる職場が多いです。

しかし、どんな診療科でもデメリットはあります。 まず、整形外科が一年中忙しい職場が多いので、看護師の実務経験無しに就職するのはとても大変だと思います。 仕事の忙しさに加えて整形外科ならではの知識やスキルなども身につけていかなくてはならないので、精神的に疲れてしまう人も多いようです。

また、患者さんが元気なのは良いことですが、その分外の診療科よりもクレームを受けやすいです。 ただし、このようなデメリットも含め、一度整形外科での勤務を経験すると、また整形外科で勤務したいと希望する看護師も多くいるようです。

デメリットもありますが、やりがいがあるということがとても大きなメリットなのだと思います。 また、全年齢層が対象の診療科であるため、幅広い年齢層の人と関わってみたいと思っている人には向いている職場だと思いますよ!